医療法人社団 大征会 今井眼科医院

小児近視抑制

お子様が近視でお悩みの方へ

Myopine(マイオピン)は、小児期の近視の進行を軽減させることを目的にアトロピンを0.01%配合させた点眼薬です。

アトロピンが配合されている点眼薬は1960年代から治療に使用されていますが、幾つか副作用が存在していました。例えば、まぶしさによる不快感や目の痛み、近くの物がぼやけて見える、アレルギー性結膜炎及び皮膚炎等があげられます。

これらの副作用を克服したのがシンガポール国立眼科センター(Singapore National Eye Centre)の研究に基づいて開発された点眼薬「マイオピン」です。
従来の点眼薬はアトロピンの濃度が1%の物を使用していましたが、マイオピンは0.01%という低濃度のアトロピンの点眼薬のため、先述した副作用が出ません。

マイオピンについて詳しくはこちら

イメージ

近視の進行を抑制することが大切な理由

子どもの近視は、主に眼球が楕円形に伸びてしまう(眼軸長が伸びる)ことで、ピント位置がずれることにより生じるケースが多くあります。
近くを見ることが習慣化してしまうと近視になりやすく、一度眼軸長が伸びてしまうと戻ることがありません。そのために眼軸長の伸びを抑えることが、近視の進行を抑制するためには重要となります。

マイオピン(アトロピン配合)点眼薬は、近視の進行を遅らせる(眼軸長の進展を抑制する)という点で統計的にも臨床的にも有意義な効果が確認されている治療法の一つです。

イメージ

マイオピンの特徴

近視の進行を遅らせます

近視の進行を平均60パーセント軽減させます。有効な効果を得るために少なくとも2年以上の継続をおすすめいたします。また進行を軽減するものであり、近視を停止するものではありません。

イメージ

安全性が高い

研究開発したシンガポール国立眼科センターの調査によると、アレルギー性結膜炎及び皮膚炎が発症したり、白内障を形成したりといった副作用が生じた報告がありません。

日中の光のまぶしさに阻害されません

配合されている成分のアトロピンは瞳孔をひらかせ、また近方が少し見難くなりますが、マイオピンは濃度を低くしているため、日中のまぶしさや見難くなる様な症状もほぼ無くなっています。

作業量がほぼありません

マイオピンは毎日就寝前に1滴点眼するだけの、非常に簡単な治療法です。煩雑な作業はありません。

1カ月使い切りで衛生的です

点眼薬は1本5mlです。毎日1回使用しても、両眼で1カ月の使い切りですので、衛生的に使用することができます。残っていても使い続けないでください。

品質管理が徹底されています

点眼薬はGMP(医薬品製造管理および品質管理基準)準拠の工場で製造されています。

処方の流れ

  1. お子様の視力や目の状態などの検査・診察。
  2. 診察後、ご希望があればマイオピン(目薬)を処方します。
  3. 処方後は毎月1度、目薬の処方をします。
  4. 診察は、処方後1カ月、その3カ月毎をお勧めいたします。
    3カ月毎に屈折検査、細隙灯検査をし、状態の確認をします。

費用

マイオピンの治療は自費診療です。

自費診療による診察(視力検査等含む)
1,000円
マイオピン 1本
3,000円

ご注意いただく点

下記の症状・その他、不快な症状が現れた場合は、ただちに使用を中止し診察を受けてください。

  • まぶしさと強い光による不快感や目の痛み
  • 近くの物がぼやけて見え、読み書き等近くを見る作業が困難になる
  • 眼の痒みや瞼のただれ
    ※アトロピンの作用でなること。低濃度なので自覚しない方がほとんどである。
    自覚されて不自由な様なら中止をして様子を見る。

お知らせInformation

スタッフ募集Recruit

【視能訓練士】【受付業務(パート)】を募集しております。
※受付パート:月・水・金曜の午後、土曜の午前に勤務できる方
まずはお電話またはメール(info@imai-ganka.com)にてご連絡ください。