医療法人社団 大征会 今井眼科医院

硝子体手術

硝子体手術とは?

硝子体手術とは目の真ん中にある硝子体を除去し、その奥にある網膜の治療をする手術です。
近年、硝子体手術は様々な手術装置、手技が開発され、手術の安全性が高まるとともに、手術成績も向上してきました。中でも25ゲージ、27ゲージを使用する極小切開硝子体手術は、手術による侵襲が少なくなり、硝子体手術を日帰りで行う施設も、増えています。
当院でも25ゲージ、27ゲージを用いた硝子体手術を日帰りで行っています。

イメージ

メリットとしては

家を留守にしないですむ。 高齢の方では、入院することで足が弱くなってしまったり、体調を崩される方もおられます。
日帰りで硝子体手術を受ければ、暮らし慣れた環境でゆっくりお過ごしいただけます。 また、入院による拘束がないので早期の社会復帰が可能となります。
日帰り手術であれば医療費のご負担も少なくなります。
3割負担の方で、入院した場合の約半分の医療費で済むと考えられます。

デメリットとしては

手術日を含めて症例にもよりますが1週間で3、4日の通院が必要になります。また、手術で眼内に空気やガスなどの気体注入を行った場合は、その気体が自然吸収されるまで(数日から2週間程度)は、術眼が見難い状態が続きます。
また入院施設でも必要ですが、下向きなどの体位をご自宅で守って頂く必要があります。

硝子体手術で治療できる疾患

・糖尿病網膜症 ⇒ 糖尿病網膜症の詳細ページはこちら
・黄斑前膜(黄斑上膜) ⇒ 黄斑前膜の詳細ページはこちら
・黄斑円孔 ⇒ 黄斑円孔の詳細ページはこちら
・網膜静脈閉塞症 ⇒ 網膜静脈閉塞症の詳細ページはこちら
・硝子体出血 ⇒ 硝子体出血の詳細ページはこちら
・裂孔原性網膜剥離 ⇒ 裂孔原性網膜剥離の詳細ページはこちら

手術方法

硝子体手術は局所麻酔で行います。
硝子体手術後は白内障が進行する為、多くは白内障手術を同時に行います。
手術室で眼の消毒をした後に白眼に麻酔の注射をします。

1.白眼に手術器具を挿入する小さな穴を3-4箇所あけます。
(術中に眼球の形態を保つ為の灌流液を入れる為、眼内を照らす照明を入れる為、硝子体を切除するカッターと呼ばれる器具やピンセットなどの攝子やレーザープローブを入れる為のもの。)

2.濁った硝子体を切除し、膜を取り除きます。
出血などで濁った硝子体をカッターで切除し、切除した分でけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜面上に張った膜を攝子(ピンセット)でめくったり、増殖膜を除去、網膜にレーザーを照射を必要に応じて行います。

3.網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液を空気やガスに置き替えて手術を終了します。
空気やガスの浮力で空いた穴を閉じさせたり、剥離した網膜を元の場所に戻し復位させたりします。空気やガスに置き換えた患者さんは術後数日間はうつむき等の姿勢が必要になります。

硝子体手術実績

手術実績のページをご参照ください。

高額療養費制度について

医療費が高額になった場合、一定の自己負担限度額を超えた部分が払い戻される高額療養費制度をご利用できる場合があります。年齢や所得に応じて、ご本人が支払う医療費の上限が定められており、またいくつかの条件を満たすことにより、さらに負担を軽減する仕組みも設けられています。

所得・年齢ごとの自己負担限度額及び申請方法など詳細については、厚生労働省のホームページ「高額療養費制度を利用される皆さまへ」をご覧ください。

・高額療養費の還付については、1ヶ月分ごとの支払額の合計が対象になります。
・高額医療費制度により、両眼の手術は、同一月内に手術を受ける方が還付が多くなる場合があります。
・生命保険に加入していて手術給付金特約および先進医療特約がある方は、給付金を受けることができる場合があります。詳しくは、ご契約の生命保険会社にご確認ください。

お知らせInformation

スタッフ募集Recruit

【視能訓練士】【受付業務(パート)】を募集しております。
※受付パート:月・水・金曜の午後、土曜の午前に勤務できる方
まずはお電話またはメール(info@imai-ganka.com)にてご連絡ください。